サンラメラ.com
TOPページ Q&A お問い合わせ 買い物カゴ

サンラメラQ&A

購入前の疑問について


Q:サンラメラが出す遠赤外線とは?

人体などの有機物が吸収しやすい3ミクロンから20ミクロンの波長の遠赤外線です。目に見える可視光線は含まれませんので、発熱体は全く赤くなりません。
ハロゲンヒーター、カーボンヒーターなどで赤く光る暖房からは、可視光線(目に見える光)と共に、遠赤外線も出ている、という状況ですので、暖かさの質が異なります。
ひなたぼっこしている時のやわらかな暖かさのサンラメラに比べ、可視光線の出る暖房機は、近付いてあたっていると「熱い」と感じる、顕著な差が体感できます。

Q:使い続けていて、身体への影響がある?

遠赤外線療法に代表されるように、毛細血管をマッサージして血行をよくします。かつて、医療機器として販売する計画もあったということですが、医療機器として販売するためには消費電力を低めに抑える必要があり、断念した経緯があります。
実際に、カイロプラティック、整体院など、たくさんの施設でもご愛用いただいています。
悪い影響、というのは、特に確認されていませんが、人によっては、特にエアコンやファンヒーターなど温風暖房が苦手になる、というデメリット(?)はあるかもしれません(笑)

Q:1ヵ月の電気代は?

A:平均的な使用法で(1日10時間程度使用)で約4,500円(600型)〜約9,000円(1201型)です。(600Wで1時間あたり約15円で計算した場合)エアコンで暖房することを考えたら、建物の構造にもよりますが、もっと電気代がかかっているのではないでしょうか?(軽量鉄骨のマンションで、6畳用エアコンの消費電力を測ったところ、常時900W程度は使っていました)

Q:オイルヒーターなどと比較して暖かさに差はあるの?

以前、木造の住宅で、デロンギのオイルヒーター(1200W)を4.5畳の部屋で使っていたことがあります。正直なところ、最近の高断熱の住宅なら暖房効果が期待できるかもしれませんが、築年数が古い、昔ながらの木造住宅などには向かない暖房でした。関東圏での例を挙げていますが、本当に寒い時には、ジャンパーを着込んで、オイルヒーターにくっついて寒さをしのいでいました。
サンラメラを同じ環境で使ってみたところ、600Wでもこの部屋全体が十分暖かくなり、消費電力も1/2程度という差がありましたので、はっきりと差を実感した次第です。
オイルヒーターやニクロム線が発熱体のパネルヒーターなど、温風を吐き出さない暖房機に数多く触れてきましたが、同じ消費電力なら、体感で2倍程度は暖房能力に差があるのではないか、というのが、10年近く修理に携わった人間の実感です

Q:電磁波の危険性は?

危険性がいわれている低周波の電磁波と違い、遠赤外線は携帯電話がだす電磁波よりも10万倍も高い周波数なので、まったく関係がありません。ご安心してお使いいただけます。

Q:発熱体が300度にもなるのにガードにさわれるのはなぜ?

A:ガードは遠赤外線を反射してしまうので、熱くなりません。ただし上部の数センチは表面で暖まった空気が上がってくるのでやや熱くなります。赤ちゃんやペットが室内で安心できる所以です。ただし、赤ちゃんがガードの隙間(約8mm程度)に指を差し込みますと危険ですので、その旨ご注意下さい。

Q:他社からライバル品が出ないのはなぜ?

発熱体(特許取得済み)の安定製造が非常に難しいこと、セラミックに金属を接合する技術が特殊なこと(お皿に金属の取っ手が付いた製品をご覧になったことはないと思います。それほど難易度の高い技術が使われています)が主な理由です。熟練した職人による手作りの逸品と言えます。
「夢暖房」、「サンルーム」といった、形状も非常に類似した商品が現在も出回っていますが、これらはサンラメラのコピー商品として製作され、発熱体もニクロム線を使っているため暖房能力に著しく差がある商品ですので、ご注意下さい。

Q:表面は赤く光ったりしませんが、暖かくなるのでしょうか?

遠赤外線とは、本来、光として目に見えませんので、問題ありません。スイッチを入れてから暖かくなるまで、10〜15分程度かかりますので、電源を入れてしばらくして、本体が暖かくなっていれば正常に動作しています。

Q:使っていて、作動音などありますか?

ファンやモーターなど可動部品は一切ありませんので、物理的に音は一切出ません。
ただし、(特に築年数の古い住居など)お使いの環境によっては夜中に使っていて「ジー」という、小さく耳障りの音がする場合がある報告を受けたことが、過去に何件かありました。これらは、たいてい、コンセントの接続位置、タコ足の有無などで状況が変わりますが、どうしても気になる方は、ご相談下さいませ。

Q:これまでファンヒーターを使っていたけど、それほど暖かくならない・・・?

温風を吹き出す対流式の暖房と、輻射熱の暖房では、体感の温度や、暖房の質が全く異なります。お客様のお住まいの地域や、住居の構造、部屋の広さなどにもよって、暖房能力が十分かどうかの判断は変わってくると思われますが、性質上、ストーブやファンヒーターで、部屋の中でTシャツ一枚で過ごせるような環境をお望みであれば、東北以北の寒冷地では能力的に厳しいかもしれません。ただし、そういった状況で、対流式の暖房を使う場合、顔が火照ってクラクラするほど熱気は天井近くに集中しますし、足下は寒いので、ホットカーペットやコタツなどの補助暖房が必要になると思われます。さらに、エアコンは、外気が0度以下の環境においては能力が6〜7割程度まで落ち込むというデータもありますので、どのような暖房を望まれるか、それを実現するためのコストの部分で、ご検討いただければと思います。

Q:電源を入れたら、変なニオイが・・・。大丈夫?

セラミック板に付着した微細な埃が焼けることで、シーズン始め(埃がたまりやすい)や新品の電源を入れた時に、こうしたニオイが出る事があります。これは、せいぜい2〜3日でこのニオイは出なくなりますし、06年にニュースで報道された、本体塗料から有害物質が出るといった問題とは全く別物ですので、ご安心ください

Q:使う場所に制限はありますでしょうか?

窓ガラスなどは遠赤外線を透過してしまうため、暖房効果が弱くなります。そのため、窓に向かってサンラメラを設置するのは、エネルギーのロスが大きくなります。また、輻射熱暖房ではありますが、工場やガレージなど、常時開口部がある環境では、広さにもよりますが部屋全体を暖めるのには向いていません。
それから、セラミック板裏側の発熱体は、炭素を含んでいる関係上、湿気に弱いという弱点があります。風呂場の脱衣場など湿度が高い環境や、水が常時かかってしまう厨房などの環境では、故障しやすい状況となりますので、ご注意ください。もちろん、サンラメラに水がかかることで漏電などの事故が起こる可能性もありますので、直接水がかかるような環境での使用は避けてください

Q:どの位の期間、使い続けられるものでしょうか?

修理センターに送ってこられるお客様のサンラメラの中には、12〜13年お使いいただいたものも多数あります。基本的に、10年単位でお使いいただけるものとして捉えていただけると思われますが、セラミック板の安定製造が非常に難しい技術を要するため、また、市販されている暖房の中では高価な商品であることから、1201型、600型共に5年間、お客様の故意による故障を除いた保証をメーカーでつけています。
実際に修理をしていて、10年単位で、何台もご購入いただき、ご愛用いただいているお客様が本当にたくさんいらっしゃいます。それだけ、手放せない、これに変わる暖房がない、と支持されてきた商品だと自信を持ってお勧めできます。

Q:商品を実際に確認したいが・・・?

06年12月時点で、サンラメラ修理センターでは展示スペースをご用意しておりません。東急ハンズの一部店舗で店頭展示されているという情報も寄せられていますが、電源を入れて体感をさせていただけるかどうかは不明ですので、直接ご確認いただければと思います。
首都圏の方でしたら、江東区亀戸(JR総武線、東武亀戸線)に、総発売元の(株)アイエフさんが、営業時間内であれば、実機で体感も出来、詳しい説明も受けられるとのことです。
金額的にも安い買い物でないので、お近くの方は、お問い合わせされてみることをお勧めします。(ホームページの説明を見るより、体感3分でサンラメラの魅力は実感できますヨ・・・)

株式会社アイエフ(サンラメラ総発売元)

〒136-0071 東京都江東区亀戸6-38-11
フリーダイアル 0120-63-2181 又は03-3638-2181
URL: http://www.if-shop.jp/

お使いいただく上での疑問について


Q:サンラメラを使う上での注意点は?

セラミック板は、その名の通り、セトモノです。強い衝撃を加えると、板が割れてしまいます(当然、暖房できなくなります)のでご注意ください。小さなお子様や、大きな犬を室内で飼われているご家庭は、特に本体にぶつかったり、よりかかったりされないよう、ご注意ください。
また、カーテンなどが本体にかかってしまうと、安全装置が働き、暖房がストップしますので、カーテンから場所を離されるなり、束ねておくなりして、本体に触れないようにお使いください。

Q:サンラメラのお手入れ方法は?

長くお使いいただくと、白いセラミック板表面に汚れなどがついてくる場合があります。
この場合、正面のガードを外して(1201型は、ガード下にネジがあり、このネジを外すと脱着できます)、布でふき取るなど、陶器の食器と同様に扱えます。
セラミックは非常に硬質なので、硬いヘラなどでこすっても傷がついたりすることはありませんが、発熱体が湿気に弱いので、水をかけて洗剤で洗うことは絶対に避けてください。
最少限の水分や洗剤を布地に含ませ、ふき取る方法がお勧めです。
また、シンナーなど溶剤は本体を傷める可能性があり、使用はお控えください。
また、必要以上に分解されますと、安全装置が正しく働かなくなる可能性がありますので、ガードのと取り外し以外で部品を分解することは避けてください。

Q:加湿器は必要でしょうか?

温風暖房とは異なり、サンラメラ自体に湿度を下げる働きはありません。その意味では、サンラメラを使うために加湿器は必要ありません。ただし、冬場のご利用ということで、何もしないでも空気が乾燥している状況は起こりえますので、喉の調子や体調に応じてご利用をお勧めします。なお、発熱体は湿度に弱い特性があるため、加湿器の効き過ぎた環境で使い続けるのは、故障の原因にもなります。
具体的に、どの程度の湿度で使い続けた場合に、故障率がどの程度変わってくるか、といったデータはありませんが、インフルエンザなどの予防などにもある程度の湿度は必要だったりもしますので、バランスをとってご利用いただければと思います。
加湿器を設置する場合、上記を踏まえ、加湿器の近くにサンラメラを設置しない、というのも注意しておきたいポイントです。

Q:電気代を節約しつつ使う方法はありますか?

当社以外のサンラメラ販売店さんでは、外部メーカーのタイマーをセットで販売されているケースもあるようです。布団からでるのがツラい(笑)冬の朝などは、この方法を活用する方法もひとつのアイデアです。
ただし、サンラメラは本来、24時間つけ続けられる暖房として開発された経緯があり、特に最近の高断熱、高規格の住宅などでは、つけ続けることで、部屋全体に蓄熱される暖房効果や快適さが期待できます。天井と床など、部屋のいたるところの温度が同じになり(エアコンなど温風暖房では考えられないことですが・・・(笑))、壁や窓の結露も激減します。(結露で本当に怖いのは、壁紙の裏側の結露で、表面上見えませんが、カビなどの温床になりやすいです。以前のサンラメラ修理担当者は、実際に自宅の壁紙をはがしてみて、エアコンとサンラメラで結露の発生具合を確認し驚くほど結果に差があった、とのことでした)

とはいえ、節約できる方法があるなら活用したいところ。
首都圏で調べて見たところ、オール電化住宅でなくても利用できる、深夜電力が割安になるプランが用意されているようです。日中の電力が多少割高になるかわりに、22時以降の電力は半額以下になる、というプランもあり、共働きで平日は夜中心の電力消費となっているご家庭では検討の余地があるかもしれません。この契約の場合、昼用、夜用と2つの電気メーターを設置する関係上、契約単位が1年単位ですので、夏の冷房の利用状況などトータルに検討してみてはいかがでしょうか?

参考:東京電力 おトクなナイト8&10(2006年12月現在)

Q:サンラメラの保管で注意することはありますか?

暖房器具ということで、夏場は押し入れなど、目に付かないところで保管される方が多いと思います。基本的には問題ありませんが、建物や保管場所の状況で、湿気の多い所で保管しますと、発熱体に湿気が蓄積され、故障の原因となることがあります。
修理で届いたサンラメラの外箱を開くと、購入時に入っていたビニール袋に几帳面に収めていらっしゃる方が多いのですが、オフシーズンにこのビニールをかけて保管するのも、湿気がこもるため、実はあまりお勧めできません。
新品のサンラメラが出荷されるまで、風通しのよい倉庫で保管されていますが、この倉庫の埃などが本体に付着するのを防ぐのが、ビニールの役割ですので、開封されましたら、捨てていただいて構わないものです。
より長くご愛用いただくためにお勧めなのは、風通しの良い場所で保管をされることです。
また、腰や足、背中など、疲れがたまったと感じる場所に、お休み前に5〜10分程度あたっていただくことで、市販されている遠赤外線治療器と同様(パワーは治療器以上!)の働きが期待できます。

Q:1201型で、サーモ復帰レバーが紛失してしまいました。

1201型の本体裏側中央に、幅2cm程度、厚さ1mm程度のスリット(穴)があり、本来はココに復帰レバーを差し込みます。差し込んだレバーを、挿入穴を起点に上方向へ持ち上げると、テコの原理で穴の中のレバーは下がり、内部のスイッチを押して復帰します。
もし、このレバーが無くなった場合は、このスリットに入るものであれば、ペーパーナイフ、果物ナイフなど、なんでも構いません。ただし、刃が折れるタイプのカッターナイフは、スリットに挿入した時に、刃を折ってしまう場合があり、注意して作業してください。

故障、修理に関する疑問について

Q:突然、煙が出て、セラミック板の中で火花のようなものが見えました。これは、そのまま使い続けていいのでしょうか?

サンラメラは、セラミック板に炭素を含む発熱体が塗り付けてあり、これが表面温度300度近くになり、遠赤外線を発します。
ごくまれに、この発熱体の電極部分が剥がれてしまう症状が起き、この時に火花や煙が発生するケースがあります。
火事の心配をされる方もいらっしゃるかと思いますが、発熱体から出る煙や火花は、せいぜいい火花がでるのも数秒程度で、発熱体自体が燃え続けるような物質ではありませんので、これが出火原因で火事になるようなケースはありませんので、ご安心下さい。
サンラメラは30余年にわたって販売されていますが、出火原因ゼロ!が自慢です。

ただ、この状況では、次第にセラミック板から熱が出てこなくなりますので、この症状が出た時点で、当社へ修理依頼をお願いします。
600W型も、1200W型も、発熱体が上下2段に別れているので、しばらくは「片方だけ使えている」状態になっていると思われますが、それほど時間を空けずに(2〜3日のときもあれば、数ヶ月使えることもありますが)両方とも 熱を出せなくなります。
電球で例えれば、フィラメントが切れた状態に近く、電球を交換するのと同様、セラミック板の交換が必要になります。この時に、分解、組み付けが必要になるため、修理センターでの修理となるわけです。

また、ビニールが焦げたようなニオイがする場合、セラミック板ではなく、ごく稀に、電源スイッチ周辺が発熱し、焦げたり、煙を出したりするケースがあります。この場合も、火事の出火原因になることは考えにくいのですが、通電中はニオイが採れない可能性が高いので、このようなニオイが発生した場合はご利用を控え、修理センターへご連絡ください。

Q:突然、暖かくなくなりました。故障でしょうか?

不安定な場所や水平でない場所でサンラメラをお使いいただいている場合、火災防止の傾斜検知のセンサーが働いている可能性があります。1201型の場合、電源スイッチ下の小さな緑のランプが消灯していますので、水平な場所でこのランプが点灯することを確認してください。600型の場合は、400/600W切り換えスイッチが消灯していますので、同様に水平な場所でチェックしてください。

水平な場所でランプが点灯しない場合、カーテンや布などが本体にかかり、過熱防止安全装置(サーモ)が働いた可能性があります。1201型の場合は、マニュアルに従い、本体裏側上部の中央のスリットにサーモ復帰レバーを挿し、サーモ復帰を行ってください。600型の場合は、本体裏側上部の中央に、丸いスイッチがありますので、これをペンなどで押し込みます。
1201型も、600型も、サーモが復帰できた場合は「カチッ」と音がします。音がしない場合、強く押し続けていると、安全装置を壊してしまう可能性があり、注意してください。

サーモ復帰でも解決できない場合、本体の内部部品が壊れていますので、修理センターへご連絡の上、送ってください。電源スイッチのオレンジのランプが点灯しない場合、オレンジのランプは点灯するが暖かくならない場合も、本体の内部部品が壊れています。修理センターへご連絡の上、送ってください。

 

Q:ペットにコードをかじられました

ケーブル断線は、本体に安全装置がついていても、漏電などによる事故の危険性があります。修理センターへお送りいただき、ケーブルを交換してください。OA機器のお店で、複数のケーブルを束ねる部材などがありますので、そういった部材を利用して電源コードを保護するのもいいかもしれません。

Q:修理に出したいが、外箱が残っていません

外箱がない場合では、修理に出す時に気をつけていただくポイントがあります。
脚の部分はむき出しで修理に出してください。これは、脚が見えていることで、横積みするものでないことや、上に重量のあるものを重ねられたりすることが防げるため、結果的に事故防止のねらいがあります。同様の理由から、脚の部品を外して送ってこられる方がいらっしゃいますが、これはかえって荷扱いの部分で問題になるケースがあり、お勧めできません。

600Wの修理で、キャスターが転がることが心配だ、という方は、キャスター部分をガムテープなどで転がらないよう巻いていただいてもOKです。(粘着力の強いテープは、ネバネバが残りますのでご注意下さい)

・ちょうどよい大きさの箱があり、箱を使って送りたい、という場合には、上面がハッキリ分かるように梱包に指定を入れることをお勧めします。(クロネコヤマトでは、営業所でこのシールを用意しています)
また、セラミック板が破損してしまう危険がありますので、本体の「上下」に、十分な緩衝材(新聞紙を軽く丸めた物でもOK)を敷き詰めてください。同様に、ぐらつきなどが起きないよう、箱の中を十分な緩衝材を詰めることをお勧めします。

必ず「ワレモノ」指定をお願いします。この指定がない場合、運送時の事故でセラミック板の破損などがありますと、お客様の元へお戻しするのに更に日数がかかる場合があります。

・荷扱いの丁寧さが、業者によって差が出てくる現状があります。修理センターとしては、配送はできるだけクロネコヤマトをご利用いただくことをお勧めします。

・特に、外箱のない1201型が修理に届く場合に、脚のグラつきが気になるケースがあります。修理に出される前に、サンラメラにぶつかったりしてグラつきが出ている場合もありますが、配送時にこの状況が発生することも考えられます。可能な範囲で、板金作業で直してお戻しできる場合もありますが、どうにも直せない場合があるのも事実です。
くれぐれもご注意の上、発送をお願いします。

Q:故障かな、と思って分解してみましたが、原因がよく分かりません

故障する部品はだいたい決まっていますが、見た目はほとんど壊れていない、そういったケースが多々ございます。修理センターでは、見た目のチェック以外に、電流量や抵抗値のチェックなど専門工具を使用した修理をしており、また、交換部品も電気屋さんなどで購入できる部品はほとんどありませんので、故障かな、と思われたら、まずご連絡、ご相談下さいませ。
ごくまれに、部品の組み方が明らかに異なる修理品が届き、お戻しするまでにお時間を頂くケースもございます。。。

 

お送りになる前に機種確認を ⇒修理可能機種一覧

機種により有償、無償、修理不可などが異なります。必ずあらかじめお調べの上、ご連絡下さい。

送り先はサンラメラ修理センター

サンラメラ修理センター
297-0231 千葉県長生郡長柄町山之郷405-175 TEL 0475-35-1730

安全装置の作動の様な故障ではない場合や、有償・無償・修理不能など、色々なケースがございますので、製品をお送りになる前に、まず上記をお読みの上、必ず(株)アイエフ(フリーダイアル 0120-63-2181 又は03-3638-2181) までご連絡下さい。

サンラメラ.comならでは!
ご購入の特典!
当社でお買い求め
いただいたお客様は、
将来、万が一
有償修理が必要な場合、
修理金額を1割引
させていただきます。
安心してお買い求め
いただけます。
ご購入はお早めに!

サンラメラのご注文、
お問い合わせは…
サンラメラ修理センター
(サンラメラ.com)

0475(35)1730
9:00〜17:00
お問い合わせフォーム



サンラメラ.comでは、
セキュリティ対策に
買い物カゴ、お問い合わせ
フォームなどで
RapidSSLの
公式証明書を
利用しています
安心してご利用
下さいませ